Home > ニュースリリース > 初めてタクシードライバーになろうとする方へ

初めてタクシードライバーになろうとする方へ

初めてタクシードライバーになるためには、千葉県タクシー運転者登録センターの講習を2日間受講し、各種情報を登録したうえで運転者証の交付を受ける必要があります。
ここでは、運転者証交付までの流れを説明していきます。

【1.登録要件】

講習を受講する前に登録を行うためには、事前に普通第二種運転免許の取得が必要です。
取得するためには『年齢が21歳以上』であって『普通自動車等の運転経験が3年以上』である必要があります。

【2.講習予約】

原則的には、毎週水・木曜日で実施しています。
入社を希望するタクシー会社の方から事前に予約をしてもらいましょう。

【3.講習受付】

講習の受講前に受付をします。持参してもらう物は以下の通りです。
(1)登録に必要な申請書類一式
(2)講習で使用するテキスト
(3)講習料金及び試験手数料
また、講習1日目に運転者証用の写真を撮影しますので、制服(ワイシャツ・ネクタイ)等の着用をお願いします。
自家用車・バイクでの来場も可能です

受付風景

【4.講習受講】

講習の科目は法令・安全・接遇・地理の4科目で、講習の時間は2日間とも概ね9:00~17:00です。
登録センターの専任講師が講義を行います。
講習後に実施される試験・効果測定は講習内容の中から出題されます。

講習風景 (接遇)

講習風景 (地理)

【5.試験・効果測定の実施】

入社する会社の営業区域(交通圏)により試験又は効果測定を実施します。
東葛・京葉・千葉交通圏 → 試験
北総・市原・南房・外房・東総交通圏 → 効果測定

【6.システム登録及び運転者証の交付】

試験・効果測定の合格者に対して、受付時に頂いた申請書類を元にシステムへの登録作業を実施し、講習の最後に運転者証を交付します。

ページトップへ移動する