Home > センター概要

センター概要

概要

所在地千葉県千葉市美浜区新港212-2
TEL043-242-4787
FAX043-247-6092
発足平成元年 6月
所長川島 孝之
会員法人タクシー事業者 209社 / 個人タクシー事業者 754名

設立の趣旨

昭和53年5月新東京国際空港(現成田国際空港)開港に合わせ、タクシー指導の充実を図るため千葉県A地区に第三者的機関として昭和52年11月に「千葉県指導委員会」が設置されました。
その後時代は、タクシー旅客ニーズの高級化、個性化を指向する等、多様化の様相を呈し、タクシーサービスの更なる質的向上が要求されるに至り、業界としてこれらの対応策として、運転者の登録制度導入、教育制度の充実及び街頭指導体制の強化の観点から、昭和63年10月「千葉県タクシー運転者登録センター」が設立されました。
平成20年6月「改正タクシー業務適正化特別措置法」が全国政令指定都市及びその周辺地域において施行されるにあたり、千葉県内の指定地域(千葉・京葉・東葛交通圏)のタクシー運転者の登録、並びに法令・安全・接遇・地理講習の実施機関として国土交通大臣の認定を受けました。
平成27年10月「改正タクシー業務適正化特別措置法の一部改正」が施行され、タクシー運転者登録制度の全国拡大及び試験制度の見直しにより、千葉全県(千葉県A:東葛・京葉・千葉交通圏、千葉県B:北総・市原・南房・外房・東総交通圏)のタクシー運転者の登録及び講習の実施機関として国土交通大臣の認定を受けました。さらには千葉地域(東葛・京葉・千葉交通圏)において法令・安全・接遇及び地理の2科目の試験事務代行機関として国土交通大臣の認定を受けタクシー業務の適正化と更なる利用者利便の確保に向けて業務を推進しているところです。

設立の経緯

昭和52年11月「千葉県指導委員会」設置<
新東京国際空港(成田空港)開設に伴い、街頭等におけるタクシー指導の充実を図るため、千葉県A地区に第三者的機関として「千葉県指導委員会」を設置。
昭和55年5月「千葉県B地区指導委員会」設置
昭和62年10月「正常化対策委員会」設置
協会及び両指導委員会が協議し、特別委員会として「正常化対策委員会」を設置。
基本施策として全県を一つにした組織により、登録・教育・街頭指導の3本柱を中心とした事業運営を決定。
昭和63年10月運転者登録業務及び教育業務開始
昭和63年11月B地区指導委員会解散、千葉県指導委員会に統合
平成元年6月千葉県指導委員会解散
平成元年6月「千葉県タクシー運転者登録センター」発足
平成20年6月タクシー業務適正化特別措置法施行に伴い国土交通省より千葉指定地域の登録・講習機関として認定を受ける。
平成27年10月タクシー業務適正化特別措置法の一部改正に伴い国土交通省より千葉県A・千葉県Bの登録及び講習機関及び千葉地域の試験事務代行機関として認定を受ける。

組織

公開情報

作成中

ページトップへ移動する